人は、長い間続いてきたものを「正常」と思い込むクセがあります。

先生は僕たちのトランプを全部没収していってしまうと思いきや

ひょいひょいと2、3枚だけつまんで持っていったのです。


『あー、全部没収されなくて良かったー』

と、僕のスーパーインテリジェントな脳が一瞬誤判定したのですが

2、3枚のトランプを没収されただけで

実はほとんどのトランプゲームが遊べなくなったという事実に

僕は衝撃を受けたのでした。


こんなにも最小の攻撃で最大のダメージを相手に与えることができるのか、と。


『相手の弱点を見極めて、そこを攻めることの大切さ』

『最小のコストで最大の効果を得ることの重要性』

『柔よく剛を制す』

『レバレッジを効かせる』


先生。

お元気ですか。

僕はあのときのトランプで何よりも大きな物を学びました。


あと、トランプを買うときには同じセットを複数購入することにしました。

tatsukii:

中国で生まれつき小脳がない24歳の女性が見つかる - GIGAZINE

"24歳の女性が衝撃の事実を知ることになったのは、中国・済南市にある済南病院で診察を受けた時のこと。医師が目まいや吐き気といった症状を訴える女性を診察すると、女性が7歳になるまで歩行や発話能力に支障をきたしていたことがわかり、女性は診察時でさえもうまくまっすぐ歩けないといった状態でした。

医師が女性の体内を調べるためにCTスキャンを実施したところ、驚くべき事に、女性の脳内に小脳が完全に欠けていることが判明。その後の調べで、小脳があるべき場所は脳脊髄液で満たされていて、脳を病原菌から守る防御壁のような役割をしていることもわかりました。

大脳の両半球の下に位置する小脳は平衡・筋緊張・随意筋運動の調節などを行い、小脳に問題が起こると運動障害を引き起こすことが知られています。

これまでも小脳がない状態で産まれてきた人は報告されていたものの、寿命が極端に短か過ぎるため、小脳がないことで発生する症状の実例は少なかったとのこと。しかしながら、今回発見された女性は24歳であるため、医師たちも衝撃を受けています。”

小脳が無くても、生きていけるのか。

tatsukii:

中国で生まれつき小脳がない24歳の女性が見つかる - GIGAZINE

"24歳の女性が衝撃の事実を知ることになったのは、中国・済南市にある済南病院で診察を受けた時のこと。医師が目まいや吐き気といった症状を訴える女性を診察すると、女性が7歳になるまで歩行や発話能力に支障をきたしていたことがわかり、女性は診察時でさえもうまくまっすぐ歩けないといった状態でした。

医師が女性の体内を調べるためにCTスキャンを実施したところ、驚くべき事に、女性の脳内に小脳が完全に欠けていることが判明。その後の調べで、小脳があるべき場所は脳脊髄液で満たされていて、脳を病原菌から守る防御壁のような役割をしていることもわかりました。

大脳の両半球の下に位置する小脳は平衡・筋緊張・随意筋運動の調節などを行い、小脳に問題が起こると運動障害を引き起こすことが知られています。

これまでも小脳がない状態で産まれてきた人は報告されていたものの、寿命が極端に短か過ぎるため、小脳がないことで発生する症状の実例は少なかったとのこと。しかしながら、今回発見された女性は24歳であるため、医師たちも衝撃を受けています。”

小脳が無くても、生きていけるのか。

darksilenceinsuburbia:

Duy Anh Nhan Duc

Etamine - OOB Mag

OOB #2

Collaboration with photographer Isabelle Chapuis


Exhausted Maenides after the Dance, circa 1873 - 1874, Sir Lawrence Alma-Tadema

Exhausted Maenides after the Dance, circa 1873 - 1874, Sir Lawrence Alma-Tadema

Reblogged from Exhibition-ism
世間では,怒るのは図星の証拠などという間抜けな迷信がはびこっていますが,痛いところを突かれるのも確かに不快でしょうけれど,根も葉もない言いがかりもまた不快ですから,同様の行動になります。それを勝手に「図星だ」と決めつける人こそ,人の気持ちを考えられていません。
英国のホームページに日本に滞在する時の注意事項が、「痴漢に気をつけること」っていうのが恥ずかしくて仕方ない。