Reblogged from pipcosays

阿久悠の言葉に、こういうのがある。読中、何度もリフレインしていた。

  夢は砕けて夢と知り
  愛は破れて愛と知り
  時は流れて時と知り
  友は別れて友と知り

 だが、遅すぎた。何も始まっていなかった人生であることを、人生の最後になって知るということは、なんと残酷なことか。

Reblogged from Say Yeah
Reblogged from motiF
ヘブライ語、英語、フランス語、スペイン語を話すイスラエル人に
「日本人は外国語を習得するのが苦手なんだよね」
と話したら、マルチリンガル人曰く
「日本は国がなくなる心配がないからね」
と返されました。
なんとなくですが、政情が落ち着かない国の人々はバイリンガルの人が
多い感じがします。
Reblogged from Untitled(仮)
「頑張らなかった自分にお仕置き」と言う女性は実在するのか
Reblogged from Untitled(仮)

ホテルなどで観光客への対応を人種ごとにマニュアル化してる国があるって記事読んだら、日本人への対応が

イギリス「はっきりNOを言わず、優しい受け答えをする」
フランス「定期的に安心させてあげる」

小動物の飼い方かよwww

Reblogged from 11:11

「みんな結局ゴローさんが美味しそうに食べるシーンが見たいのに、その前にふわっとしたストーリー挟んでくる構成がなんとなくアダルトビデオみたいだね。」
と孤独のグルメを観ながら妻に言われて晩飯吹いた。

「徳川家康が江戸を拓いた時、中部地方から武士をたくさん連れてきた。そのため東京弁には駿河や尾張地方の方言の影響が見られる。千駄ヶ谷は元『千』という地名だったが、武士たちの伝言ゲームのうちに千ダガヤと転訛した」という嘘をよくついている。たまに信じてくれる人がいる
Reblogged from Untitled(仮)
そして「夢を叶える方法」というのはこれだそうです。

・必要な人と会う。
・不必要な人と会わない。


それは、一瞬でわかるみたい。
それは、「面白い人」「面白くない人」というのにも似ていて。「面白い人」とつるんでいた方がいいよっていう話。
「面白い人」って、何か物事があった時、一人でもやって来る。
「面白くない人」はネズミ講のごとくつまんない人をつれてくる。

「面白い人」ってなかなか増えないけど、「面白くない人」の方が繁殖速度がやばい。
だから、「面白くない人」と一緒にいると、どんどんつまらなくなっていくんだって。
Reblogged from Untitled(仮)